子宮筋腫を始めとする病気に対処できるようにする

お腹

産婦人科に頼れること

産婦人科は妊娠したい・した人を対象に診療を行なっているところですが、診療しているのはそれだけではありません。女性生殖器に関することなら、なんでも扱っているのです。

ドクター

不調を引き起こす

生殖器に関わる病気はいろいろありますが、特に注目されているのが子宮筋腫です。子宮筋腫があると生理不順を引き起こしてしまうことが問題視されています。

男の人と女の人

子宮筋腫の症状

この病気になることで不正出血もありますし、腰痛にずっと悩む人もいるのです。漿膜下筋腫はある程度大きくなってから突然急な腹痛を起こすことで発見されます。

妊婦

治療法

産婦人科医は、薬物療法や外科手術をすることによって、子宮筋腫を治療してくれます。薬物療法は外科手術よりも体力面の負担を下げられるのでよく利用されている方法です。

はぐくみ葉酸の特徴を徹底リサーチ☆

[PR]
大阪で好評な婦人科医院
ネットで受診予約が可能☆

産婦人科で行なえる妊娠の方法

体外受精

意図的に精子と卵子を出合わせて受精させます。受精後の胚がある程度成長すれば、準備が整った子宮に戻します。必ずしも着床するとは限りません。

タイミング法

なるべく自然に妊娠をするための方法で、不妊治療の初期に行なわれます。基礎体温を測り、排卵日を予測すれば、身体に負担がかかりません。

かかりつけを作っておこう

体調管理のためにかかりつけ医はもっていたほうがいいです。産婦人科でも同じことです。様々な人が様々な理由で産婦人科に通っています。

産婦人科に初めて通う年齢ランキング

カウンセリング
no.1

20~25歳

この年齢になると恋人もいて、結婚も考え始める時期です。また、すでに結婚していて妊娠が疑われるケースも多くなるので、通い始める人が多いです。

no.2

10代

初潮は多くの場合10代に入ってから始まります。この時期に多い悩みだと、生理に関することが挙げられます。不正出血や生理痛に悩み、受診する人が多いようです。

no.3

26~30歳

この年齢で初めて産婦人科に通う理由といえば、定期健診が主になってきます。子宮体ガンや子宮頸ガンを予防するためにも定期的な検診は大切だといえます。

診療内容を確認

実に様々な理由で産婦人科に通うことが分かりましたが、そのクリニックに通う前に診療内容を確認しましょう。特に体外受精はクリニックによっては行なっていないところもあります。また、最近は不妊治療の一つに卵子提供があり、卵子を提供してもらって妊娠をする方法で懐妊率が高まると言われています。卵子提供を希望する場合はクリニックの診療内容を確認した上で足を運ぶと良いでしょう。また、受精卵がしっかりと子宮に着床するためには、体作りも大切です。妊娠前から摂取しておいたほうがいいといわれる葉酸は、赤血球を作り血液の流れをよくする効果があるため、受精卵の成長を促すのに欠かせないものです。

妊娠や出産についてもチェック!

考える人

サプリに注目しよう

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに十分な栄養を届けなければなりませんし、妊活中も栄養は十分に摂取したいものです。そんなときに利用できるのがサプリです。

詳しく読む

[PR]
川崎で好評な産婦人科医院
土曜日・日曜日でも診療を実施中

[PR]
葉酸サプリを厳選特集☆
有効成分がしっかり摂れる商品を買おう

広告募集中